オイルヒーターを買った


オイルヒーターを買った。空気清浄機に続いたアレルギー対策。というか、単純に引越ししてから最初の冬なので暖房器具が全然なかった。。
オイルヒーターを選んだのは、部屋の空気を汚さないのがアレルギー持ちには大きいから。その他にも、僕は寒さには割と強いので最低限寒くなければよいので、オイルヒーターくらいでも大丈夫で、部屋の機密性もそこそこ良いから電気代的にも大丈夫そうという判断でした。
オイルヒーターといえば、デロンギが有名だけど、あえてユーレックスにしてみたのはタイマーが優秀らしいから。家に帰ったときに寒い問題はタイマーでなんとかできそう。

Cave Story+


SteamでCave Story+を買ってみた。
元は洞窟物語っていう結構昔からあるWindows用のフリーゲームで、おそらくフリーゲームとして最も有名と思われるので(日本だけでなく海外でも有名)、知ってる人は多いと思う(4Gamer.net ― [GDC 2011]日本の同人ゲーム作家がGDCで講演を行うという快挙を達成。フリーゲーム「洞窟物語」の作者 天谷大輔氏による講演の模様をレポート)。
ちょうどDSiウェア版も日本で出ている(海外では前から出ていた)ので未プレイの人はこっちがオススメかも(Cave Story+は英語なので)。もしくはオリジナルのWindows版もWindows7でも普通に動くのでオススメできる。

空気清浄機を買った


ダイキンのうるおい光クリエールを買いました。
昔はアレルギーはほとんどなかったんですが、大人になってから年々悪化していて、特にハウスダストが原因らしいことがわかったので、対策として空気清浄機を導入してみました。
ダイキンを選んだのは、まつださんにオススメされたから。
次はルンバだ。

WEB+DB PRESS Vol.65にCoffeeScriptの記事を書きました

WEB+DB PRESS Vol.65|gihyo.jp … 技術評論社
今回は「CoffeeScriptから学ぶJavaScriptプラクティス」と題して、CoffeeScriptが生成するJavaScriptについて、どうしてこういったJavaScriptになるのかという点を中心に解説しました。
CoffeeScriptには様々なJavaScriptの(バッド)ノウハウが詰め込まれています。生成されるJavaScriptを読んでいると、「やっぱりそうなるよね」と思わせることが多くてニヤニヤしてしまいます。
そもそも、CoffeeScriptは生成されるJavaScriptの読みやすさにかなり気を使っている点が、CoffeeScriptを気に入っている一番の理由です。(その点、Dartは…)
今回も結構苦労しましたが、なかなか面白い記事に仕上がったと思うので、手にとって頂ければ幸いです。

WEB+DB PRESS Vol.65

WEB+DB PRESS Vol.65

  • 作者: 天尋左石,柄沢聡太郎,小野修司,ミック,みやけん,長野雅広,おにたま,中島聡,清水亮,角田直行,はまちや2,大塚弘記,松信嘉範,板垣貴裕,福岡博,大和田純,白土慧,太田昌吾,じゅんいち☆かとう,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2011/10/22
  • メディア: 大型本
  • 購入: 12人 クリック: 162回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る

IE8のレンダリングモードと特定文字列によるクラッシュバグ

こんにちは、だいぶ久しぶりなブログ更新です。昨日、IE8のおもしろバグを発見してしまったので、さらしものにみなさんと共有したいと思います。
早速今回のバグの再現コードをみてみましょう。

<!DOCTYPE html>ܫ<br>1日

再現ページ
たったこれだけです。JavaScriptはおろか、CSSすらありません。ただのHTMLです。これだけでIE8の標準モードのレンダリングが壊れ、強制的に互換モードにフォールバックされます。
さらに次のようにmetaタグ(もしくはレスポンスヘッダ)でX-UA-CompatibleにIE=8やIE=edgeを指定して、標準モードでのレンダリングを強制していた場合はフォールバックが働かないので真っ白なページが表示されてしまいます。
<!DOCTYPE html>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">ܫ<br>1日
<p>IE8では真っ白なページになる

再現ページ(IE=Edge指定)

このバグはIE8(正確にはWindows XPのIE8)だけで発生しており、IE6, 7, 9などでは発生しません。IE9のIE8モードでも発生しないので、MS的には修正済みなのか、たまたま直ったのかは、よくわかりません。
ちなみに、ܫというのはWindowsではf:id:os0x:20111004181507p:imageのように表示され、f:id:os0x:20111004181508p:imageのような顔文字によく使われています。これと1日のような普通の文字の組み合わせで発生するので、実際に起こり得る組み合わせです。

今回は、このバグが発生するページと発生しないページの差分からなんとか原因を特定できましたが、正直予想し得ないバグですね。もっと追えば、より短い文字列で発生するかもしれませんし、全く別の文字列パターンでも発生するかもしれません。その辺は文字コードやWindows・IEのアレコレに詳しい方に勝手に期待しています。

AutoPatchWorkのサーバー周りのこと

地味に色々と調整しているのでまとめておきます。見よう見まねの継ぎ接ぎばかりですが…。

AutoPatchWorkはwedata(About - wedata)のAutoPagerize用SITEINFOを使わせて頂いていますが、wedataのサーバーは負荷に弱いので、SITEINFOは自前のサーバー(といっても安心のhetemlですが)に置いています。
hetemlサーバーでcronを設定して1時間に1回、SITEINFOを更新するようにしていて、AutoPatchWorkユーザーは一日に1回hetemlサーバーからSITEINFOを取得しています。
ただ、AutoPagerizeのSITEINFOは2MB近くあるので、1万人が毎日アクセスしたら転送量が20GBに達します(全員が毎日更新にくるわけではないので、実際はもっと少ないですが)。hetemlの転送量は「目安として 1日 20GB まで」(2011年6月27日時点。ちなみに以前は10GBだった)で、ChromeのAutoPatchWorkユーザーだけで6万人以上いるので余裕でアウトです(といっても、一度問い合わせてみたところ、目安を超えたら即制限がかかるようなことはないそうです)。
ただ、容量を節約するポイントは色々あって、まずオリジナルのSITEINFOは次のようなJSONデータです。

{
  "name": "Google Search",
  "resource_url": "http:\/\/wedata.net\/items\/472",
  "updated_at": "2011-04-24T23:09:52+09:00",
  "created_by": "swdyh",
  "database_resource_url": "http:\/\/wedata.net\/databases\/AutoPagerize",
  "data": {
    "pageElement": "id(\"search\")\/div[ol or div]|id(\"res\")[not(@role)]\/div[ol or div]|id(\"ofr\")",
    "url": "^https?:\/\/[^.\/]+\\.google(?:\\.[^.\/]{2,3}){1,2}\/(?:c(?:se|ustom)|search|webhp|#)",
    "nextLink": "id(\"pnnext\")|id(\"navbar navcnt nav\")\/\/td[span]\/following-sibling::td[1]\/a|id(\"nn\")\/parent::a",
    "exampleUrl": "http:\/\/www.google.com\/search?q=AutoPagerize\r\nhttp:\/\/www.google.com\/cse?cref=http%3A%2F%2Fwww.guha.com%2Fcref_cse.xml&q=firefox&sa=Search&siteurl=www.google.co.jp%2Fcse%2Fdocs%2Fcref.html\r\nhttp:\/\/www.google.co.jp\/custom?q=firefox\r\nhttp:\/\/www.google.com\/webhp?hl=en#hl=en&expIds=17259,18167,25901,25980,26440,26459,26512&sugexp=ldymls&tok=So3knfbAtc2kJy-W-lXiWw&xhr=t&q=autopagerize&cp=10&pf=p&sclient=psy&safe=off&site=webhp&aq=f&aqi=g5&aql=&oq=autopageri&gs_rfai=&pbx=1&fp=6052204b889acdd8"
  },
  "created_at": "2008-04-16T12:35:37+09:00"
}

実際に使うのはdataの中身で、さらにexampleUrlなどはデバッグ用なので、普段は使用しません。つまり、こうできます。

{
"pageElement": "id(\"search\")\/div[ol or div]|id(\"res\")[not(@role)]\/div[ol or div]|id(\"ofr\")",
"url": "^https?:\/\/[^.\/]+\\.google(?:\\.[^.\/]{2,3}){1,2}\/(?:c(?:se|ustom)|search|webhp|#)",
"nextLink": "id(\"pnnext\")|id(\"navbar navcnt nav\")\/\/td[span]\/following-sibling::td[1]\/a|id(\"nn\")\/parent::a"
}

これだけで1.9MBから715KBまで節約できます(ただ、元のデータを引けなくなるので、IDだけ追加しています)。結構節約できますが、まだ3万ユーザー程度しかカバーできません。
これにgzipを加えてみます。cronバッチの中でgzファイルを静的に作成して、.htaccessで次のように指定します。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP:Accept-Encoding} gzip
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME}\.gz -s
RewriteRule ^(.+)$ $1.gz
AddEncoding x-gzip .gz
  1. Accept-Encodingにgzipが含まれていて、
  2. リクエストされたファイル名+.gzなファイルが存在したら、
  3. URLを.gzつきに書き換え、
  4. ファイルタイプをjsonとして強制する

という指定です。
AddEncoding x-gzip .gz はレスポンスヘッダにContent-Encoging: gzipをつけて、ブラウザにgzipとして解釈させるようにしている(のだと思うのですが、あまり自信ない…)
gzip効果で、1.9MBのファイルは355KBに、715KBのファイルは152KBまで節約されます。
152KBならすくなくとも13万ユーザーまで大丈夫です。
実際、今のところ1日の転送量は8GB程度に抑えられています。

ついでにhetemlがmod_expiresにも対応していたので、ExpiresByTypeなんかも加えて、 http://ss-o.net/json/.htaccess はこんな感じになっています。

Options +Indexes
Header append Access-Control-Allow-Origin: *

ExpiresActive on
ExpiresByType application/json "access plus 12 hours"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 2 days"
<Files ~ "\.json">
  ForceType "application/json; charset=utf-8"
</Files>

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP:Accept-Encoding} gzip
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME}\.gz -s
RewriteRule ^(.+)$ $1.gz
AddEncoding x-gzip .gz

IndexIgnore .htaccess *.bak *.gz
IndexOptions FancyIndexing HTMLTable NameWidth=* XHTML

WEB+DB PRESS Vol.63からJavaScriptの連載始めました

WEB+DB PRESS Vol.63|gihyo.jp … 技術評論社
id:uupaaさんの後任な感じで、JavaScript周りのホットな話題・最新情報を中心に、書いていこうと思っています。
初回は例によってデバッグ周りの話を書きました。といってもまだブログでは触れていないスマートフォンでのデバッグ方法や、 prototype.jsからjQueryに移行するたったひとつの冴えたやりかた - 0xFFでちょっとだけ触れたonerrorの具体的な使い方などを解説しています。よろしければ手にとってみてください。って発売は24日でした…紛らわしい書き方してしまってごめんなさい。。

WEB+DB PRESS Vol.63

WEB+DB PRESS Vol.63

  • 作者: 竹迫良範,和田卓人,じゅんいち☆かとう,太田昌吾,小野修司,ミック,嶋田裕二,個々一番,みやけん,清水亮,おにたま,中島聡,角田直行,はまちや2,上谷隆宏,青木俊介,大塚知洋,生尾剛士,大和田純,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2011/06/24
  • メディア: 大型本
  • 購入: 19人 クリック: 426回
  • この商品を含むブログ (22件) を見る

あわせて読みたい

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)

ウェブオペレーション ―サイト運用管理の実践テクニック (THEORY/IN/PRACTICE)


NoSQLデータベースファーストガイド

NoSQLデータベースファーストガイド