読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterで自分がブロックしているユーザーを確認するブックマークレット(とサービス)

Twitter

Who I Block? by @arikfrでSign in with Twitterボタンをクリック→Twitterのサイトに飛ぶのでそこで拒否か許可を選択。whoiblockに戻るとブロックしているユーザーが表示される。こちらでは下記のようなブラウザの再起動みたいな手間もなく割と安全に確認できるはずです。ただ、このサービスを私とは一切関係がないので本当に安全かどうかは(私は)保証できません。あしからず。

Twitterの仕様変更により、下記のブックマークレットは動作しません。

http://twitter.com/ を開いた状態で、下記をブラウザのアドレスバーに貼り付けて実行すると認証ダイアログが出るので、ユーザー名、パスワードを入力してください。サイドバーにユーザー名がずらっと出てくると思います(一人もブロックしてなければ何も出てきませんが)。
なお、一度認証を通すと、ブラウザを再起動するまで再度認証ダイアログが出ることがありません。逆に言えば、認証ダイアログが出るべきところをスルーしてしまうので、普段使わないブラウザで試す or ブラウザの再起動をオススメします。

javascript:(function(X){X.open('get','/blocks/blocking.json');X.onreadystatechange=function(){X.readyState==4&&X.status==200&&$('#side').before($.map(JSON.parse(X.responseText).users,function(u,s){s=u.screen_name;return '<a href=/'+s+'>'+s+'</a>'}).join('<br>'))};X.send(null)})(self.XMLHttpRequest?new XMLHttpRequest:new ActiveXObject('Msxml2.XMLHTTP'))

jQuery.ajax使うと動かなくなってたので修正。IE6でも動きます*1
いつの間にかAPIが微妙に変わって動かなくなってたので修正

アイコンも表示するバージョン
javascript:(function(X){X.open('get','/blocks/blocking.json');X.onreadystatechange=function(){X.readyState==4&&X.status==200&&$('#side').before($.map(JSON.parse(X.responseText).users,function(u,s){s=u.screen_name;return '<a href=/'+s+'><img src="'+u.profile_image_url+'">'+s+'</a>'}).join('<br>'))};X.send(null)})(self.XMLHttpRequest?new XMLHttpRequest:new ActiveXObject('Msxml2.XMLHTTP'))

えーっと、どんなアイコンが表示されても責任は取れませんので。

*1:ページ側でJSON.parseが定義されているので